ハスラー 中古

ガソリンのエンプティのテンプレート点灯について

 

ハスラーのエンプティ(残量がない)ことを示す警告灯ですが、色々な車を見てきましたが、衝撃の事実を発見してしまいました。

 

それは

 

なんと

 

エンプティが点灯すると

 

あと何キロ走れるかが、分からなくなることです。

 

これって、無責任ですよね。

 

ドライバーにとって一番気になるあと何キロ持つか?

 

これが分からなくなってしまうのです。

 

ですから、こうなる前にどうしたら良いのか?

 

エンプティ点灯したときのガソリン残量とは

ハスラー,中古

画像では、航続可能距離が55qですすが、53kmになったら給油して下さいとアラームとディスプレイに表示された。

 

今回は53qで点灯した。毎回これ位でエンプティ点灯すると思われる。

ハスラー,中古

 

エンプティ対策はどうしたら良い?

エンプティのランプ点灯は、ガソリンゲージメータが残り1つになると点灯するので、

 

その点灯前ガソリンメータゲージが3つになったらガソリンスタンドで給油することが対策です。

 

ですから、ガソリンが残量を常にはすることが大切です。また、ガソリンスタンドがどこにあるかを把握することとガソリンスタンドまでの距離をおおよそ覚えておくことが大切です。

 

まとめ

ハスラーのエンプティ点灯するとあと何キロ走るか分からなくなる。

 

このガソリン残量でおおよそ何キロ走るか把握しておく。

 

ガソリンスタンドがどこにあるか把握する。

 

これでガス欠にならないように十分に注意しましょう!!